mirocomachiko

きょうのうた

2017.09.19

20170919

個展前、毎回思う

画家で 良かったなぁって

ひとりで 絵と 毎日向き合いながら

 

画面に 何かの形跡を つけていくだけなのに、

なんで こんなに 心が 高ぶっていながら 落ち着いていくのか

自分と 絵と 周りの音と 空気だけの 時間が 流れていくことが たまらなく 好きだなぁ

2017.09.17

夜眠る前、布団の中での会話。

「なんで うちは 家の中やのに 虫の声が こんなに 聴こえるんやろねぇ」

「古いからとちゃう?」

「でも 気持ちええねぇ」

 

なんて 話していたけど ずっと 窓が 開いていたのでした。

いつから 空いていたんだろう、引っ越ししてきたときから かもしれない。

 

 

2017.09.16

20170916

目薬をさすと 耳の奥で ドォーーンと 音が 鳴る

目の中に 落ちたの音 なのかな

2017.09.15

おじさんが 道路に 水撒きを していた

その水が どこへ流れていくのかを みんなで 見た

水は 下へ下へと 流れるのかと 思ったら 脇に それたり ぼわぁんと 溜まってみたりして 生きていた

最後は じんわり 道の中に 吸い込まれた

2017.09.08

会いたいと 思う 木が できた

今も あの場所に 佇んでいるんだろうなぁ

わたしの こころにも 祀る

2017.09.07

20170907

網戸に くっついてる 虫のたまご

もう 出てって もぬけの殻

こんなに 美しいものが 体内から 出てくる

わたしも 美しいものを 出したい!

2017.09.06

猫の 黒い毛は いろんな黒を 持っている

描くことは 出しているという感覚と 入れているという感覚の 両方がある

2017.09.02

20170902

20170902 4

 

20170902 2

20170902 3

1年に 1度の カプカプまつり

みんなの 絵が たなびいてる

どこまでも はみ出してってしまう カプカプ音頭の 言葉たち

新井一座と みんなで 何度も 踊り狂う

カプカプの 海で 泳ぎ狂う

 

うまくいったり いかなかったり、できたり できなかったり

こどもから おじいちゃんおばあちゃんまで みーんな感じてる

いろんな 感情が カプカプにあった

 

でも とにかく 今は 踊るんだ!

カプカプ 笑おー

2017.08.29

眠たいだけ 寝てみた

やらなければ、と思うことから 開放する

2017.08.28

たくさん 話しかけてくれる こどもたち

見ず知らずの わたしたちを 家に 入れてくれる おじさん

蜘蛛の巣に 引っかかった セミを 取って 猫にあげる

ドラゴンフルーツの 花の 美しさ

PAGE TOP